音声の認識率について

スマート書記では「音声認識」の機能をご提供しておりますが、音声認識の精度はご利用環境によって変動いたします。
ご利用にあたっては、トライアル時のデモ等でご利用環境や想定いただいているアウトプットなどに合わせ、最適なご活用方法のご提案をさせていただいております。


音声認識率につきましては、一概に定量的な値をお示しずらいのですが、 
例えば、下記の要素が全て満たされるようであれば80〜90%は望めるかと思います。 
( c. d. が取り立てられがちですが、a. b. も重要な要素になります )

  a. 明瞭な発話である
  b. 文章として認識できる発話内容である
  c. 収音感度が良い(外部マイクを胸元あたりまで近づける)
  d. 音声入力デバイスが外部マイクを正しく認識できている

なお認識率と収音感度については以下の図もご参照ください。環境を整えれば収音感度は高まりますが、 お客様によっては環境を整えるハードルが高い場合もございます。
正確な発言録を残す必要があるのか、サマリーとしての議事録作成に活用したいのかなど、 
ご利用の目的に合わせて、最適な利用方法を営業担当からもご提案させていただきます。