自動スクロール機能について

Smart書記には収録が追加されるのに応じて、最新行にフォーカスがされる自動スクロール機能のご用意がございます。

自動スクロールの設定方法

まず「編集モード」に切り替えます。

「自動スクロール」のチェックボックスにチェックをすることで、自動スクロール機能がONになります。

自動スクロールがONの場合

自動スクロールがONの場合は、行が追加されたタイミングで自動的に最新行へフォーカスしてスクロールされます。 
収録をリアルタイムで追いかけながらマークしたり、閲覧や投影などをするときには自動スクロールを利用すると便利です。

自動スクロールがOFFの場合

自動スクロールがOFFの場合は、行の追加などには左右されず、ユーザー自らのスクロールに合わせて画面移動することができます。 
収録途中に収録内容を確認するときや編集するときは、自動スクロールOFFにすると便利です。