フォルダ機能:収録の共有範囲を設定する

Smart書記では収録をフォルダごとに分類して整理することが可能です。
またフォルダ単位で閲覧できる利用者の設定が可能なため、収録の用途に応じて、フォルダごとに共有・閲覧制限をかけることが可能です。

フォルダの作成方法

  1. 収録一覧画面から「フォルダ作成」ボタンをクリックします。
  2. プルダウンで、選択しているフォルダの利用者の制限設定ができます。

    利用者制限で「制限する」を選択すると、チェックボックス形式の利用者選択画面が表示され、
    このフォルダを利用できる利用者を設定することで、制限付フォルダとなります。
    「制限しない」を選択した場合は、全ての利用者が閲覧可能になります。

権限の有無による差異

  • 権限のないユーザーの場合、左の制限付きフォルダは右のように表示されません

  • 「田中太郎」だけ権限があるフォルダ内を閲覧しているとき

権限のある利用者名が表示されます。

フォルダの設定変更方法

該当のフォルダを開いている状態の場合、「フォルダ情報変更」のボタンが表示されます。
こちらのボタンをクリックすると、フォルダ名や権限の変更、アクセスできるユーザーの変更などフォルダの情報を更新することができます。