Macのサウンド設定について

ICレコーダーやアンプからの入力などマイク以外からの入力の際に、音源自体クリアなのにも拘らず文字起こしが正常に行われない場合、
または再生の音が文字起こしされたものと異なる場合は、 ICレコーダーからの音声と同時に内蔵マイクによる音声認識が行われて、二重で音声収録されてしまっている可能性がございます。

このような場合、ICレコーダーをつないだUSB変換器からの入力音声を最大にし、内蔵マイクの入力音量を0にすると改善されます。

「システム環境設定」→「サウンド」から設定

ピンジャック形式のマイクの場合、PCによって設定が必要になってしまうことがあります。
USB形式へ変換することで更に簡単にPCへマイクを接続することができます。

  1. 外部マイクのボリュームを最大まであげます。


  2. 内蔵マイクのボリュームを0まで下げます。